GOSHU
STAFF BLOG
富山県から「美と健康」をテーマにお届けする
五洲薬品のスタッフブログ
2022.3.14
花粉の時期を快適に過ごしたい
入浴剤
お風呂
入浴剤
花粉症対策
鼻づまり

 五洲薬品の通販担当です。暖かくなってきましたね。桜の季節が待ち遠しいです。

 と同じくして心配になるのは「花粉症」。私は幼少の頃から鼻づまりでして、10年前からはこの時期に目がショボショボするようになりました。3年前に千葉から富山に移住して当社で勤めるようになってから症状はだいぶ軽くなりましたが、この時期はイヤなものです。

 花粉が多い時期、鼻と目のケアをどのように過ごしたらよいのでしょうか? 自宅で実際に試してみました。昨年、初めてやってみたのが「鼻うがい」。市販の鼻うがいキットを使ってみました。「鼻にツンとくるのでは」と思って、最初は少し怖かったですが、鼻うがい液の入ったボトルを片方の鼻の穴にあてて、ゆっくり押しながらやってみってみました。慣れると何ともなかったです。鼻うがいが終わったら「洗眼」。市販の洗眼液を入れた専用カップを目に当てて、目をパチパチ。使用後の洗眼液を見て、花粉が落ちたかは肉眼ではわかりませんが、たまにゴミが浮いているのが見えると結構驚きます。花粉などのアレルギー物質を完全にシャットアウトできるわけではないので効果が長続きするわけではありませんが、これらを使うことで少しは快適に過ごすことができました。

 花粉症の対策は、極力、室内に花粉を持ち込まないことが大切といいます。帰宅時に、玄関前で服をはたいて花粉を落としてから室内に入り、その後、お風呂やシャワーで、花粉を落とすのがよいそうです。我が家の場合、小学生の子どもが先に帰宅しますが、ここまで徹底するのがなかなかできないので、こまめに掃除するのが一番大切かもしれません。

 ちなみに、お風呂やシャワーから出る湯気には、鼻づまりを改善する効果があるそうです。言われてみれば、鼻づまりの私も、お風呂上がりは鼻の通りが良いと感じます。「湯気=鼻づまりを改善」というのは納得できますね。ただし、熱い湯はアレルギー症状を悪化させるそうですのでご注意を。

 3月は「よもぎ」、4月は「さくら」が季節湯です。季節の香りがする入浴剤を入れたぬるま湯のお風呂にゆったり入って、1日の疲れをいやすのはいかがでしょうか。

▼「よもぎ」の香りの入浴剤

『売薬の郷 薬用本舗 緑』

https://www.goshu.jp/?pid=138442707

▼「さくら」の香りの入浴剤

『パパヤ桃源S 70g缶 さくらの香り』

https://www.goshu.jp/?pid=127116946

『バスコレクション 桜ふわり湯』

https://www.goshu.jp/?pid=62570135

『和湯めぐり さくらの香り』

https://www.goshu.jp/?pid=62559235

PREV
NEXT