五洲薬品の入浴剤OEM こだわりの素材

五洲薬品の入浴剤OEM

こだわりの素材

パパイヤ酵素

パパインは優れたタンパク質分解能力をもつ酵素

パパインは優れたタンパク質分解能力をもつ酵素

パパイヤ酵素とは、未成熟のパパイヤ(青パパイヤ)から得られる乳液を集めて乾燥、粉末化したものです。(黄色く熟したパパイヤは酵素がほとんど残っていません。)パパイヤ酵素の最大の特徴は生きているタンパク質には作用せず、死んだタンパク質や脂肪に対する分解能力が高いことで、肌に必要なものは落とさずに老廃タンパク質や老廃油脂だけを取り除くことにより、ピカピカ・ツルツルの張りのあるお肌へと導きます。
パパイヤ酵素の働き

熱に強く、入浴剤に配合するのにベストな素材

一般的に酵素は熱に弱く、数十度で働きが鈍ったり、作用しなくなってしまうものが少なくありません。植物起源のたんぱく分解酵素は、動物起源のものと比べて熱に強い性質がありますが、なかでもパパイヤ酵素は高温でも十分に機能する性質をもっており、お風呂のお湯の温度でもしっかりとした力を発揮してくれる素材です。さらにアトピーやダイエット向け商品の原料として、また医療分野における有効成分としての活躍も期待されています。


全国初・パパイヤ酵素を配合した入浴剤

五洲薬品では昭和42年に、全国初となるパパイン配合の薬用入浴剤を製造販売しました。酵素の力で肌に付着した老廃物が分解されるほか、浴槽に付着する湯垢も分解するのでお風呂掃除の悩みが解消されるとして、当時としては画期的なものでした。「さら湯(誰も入浴していないお湯)は身体にきつい」といわれている中、パパヤ桃源を入れると「お湯がやわらかく感じられる」ことも好評で、今日まで半世紀以上にわたり長く親しまれています。

お問い合わせはこちら
OEMについてのお問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

076-424-2661

電話受付 9:00~17:00(土日・祝日は除く)

FAXでのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ

076-422-4571

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら