五洲薬品の水OEM 万全のサポート体制

五洲薬品の水OEM

万全のサポート体制

生産

各製造ラインにおいて熟練のスタッフが、徹底した管理のもと、原料・資材の受け入れから商品の出荷まで責任を持って対応します。高品質な商品を安定して提供できるよう、定期的な生産部門会議の実施によるプロセス改善の取り組み、また技能向上を目的とした人材育成を積極的に行っています。

ペットボトル充填ライン

高速充填ライン、多種ボトル対応ラインを備え、各種ペットボトルに対応しています。高速充填ラインは国内でも有数のミネラルウォーター生産ラインで、ISO9001を認証取得しています。

ペットボトル充填ライン

280・500・1500・2000mL その他

フィラー

フィラー
国内有数の充填能力を誇る装置で加熱充填しております。

転倒コンベア

転倒コンベア
充填後、転倒コンベアにてキャップ等を転倒殺菌します。

ボトルクーラー

ボトルクーラー
クーラー内は4槽に分かれており、ボトルに影響を与えないよう、クーラー内では段階的にボトルを冷却していきます。

シュリンクラベラー

シュリンクラベラー
充填速度に合わせた高速ラベリングが可能です。
ボトルのサイズに合わせて、ラベルのサイズも様々に対応することができます。

キャップ・液面検査機

キャップ・液面検査機
高速充填ラインでは、ボトルが高速で流れるため、外観検査は機器を使用して高精度かつ高速全品検査します。

ラップラウンドケーサー

ラップラウンドケーサー
ラップラウンドケーサーを採用することにより、無駄のない、高速で確実なケーシングが可能です。

パレタイザー

パレタイザー
箱詰めされた製品は、荷崩れ防止のため箱の上にのりをつけ(アンチスリップ)、ロボットによってパレットに積み上げられます。強度が高くかつ資材の利用を最低限に抑えることができます。

BIB充填ライン

2013年にBIB(バッグインボックス)充填ラインを新設。国際規格ISO22000と食品製造に関する一般的衛生管理基準のPAS220を組み合わせたFSSC22000 (※)の管理基準のもと、施設へのアクセス管理、作業服の着用ガイドライン、食品製造エリアでのガソリン仕様フォークリフト使用禁止など、約200項目にわたる厳しい基準に準拠した環境で、お客様に安心していただける製品づくりを行なっております。 ※6L~11L充填ライン

BIB充填ライン

6L~11L、20L その他

充填

充填1
130℃以上で殺菌された水をクリーンルーム内で充填します。
充填2
2基の自動充填機が同時稼働します。

ケース装填

ケース装填
外装へ充填済バッグが投入されます。

ウェイトチェッカー

ウェイトチェッカー
充填量が定められた規格範囲内であることをウェイトチェッカーにて全数検品します。

パレタイザー

パレタイザー
商品を傷つけることなく、高速でパレタイジングします。

深層水分離設備

五洲薬品では自社工場内に海洋深層水の分離設備を備えています。富山湾からくみ上げた海洋深層水の原水を①脱塩水②ミネラル濃縮水③濃塩水④塩⑤にがりに分離することで、様々な製品分野に利活用し、付加価値ある製品づくりを行っています。

原水タンク

原水タンク
取水場から運ばれてきた深層水は、フィルターで濾過したのち、このタンクに貯められます。一つに10トン分の深層水を貯蔵します。
冷却装置がついていますが、保温のため断熱材が巻いてあり、常に水温を低く保っています。

多段式イオン交換電気透析装置

多段式イオン交換電気透析装置

一段目深層水は、淡水とミネラル濃縮水に分けられます。

二段目一段目でできたミネラル濃縮水は、さらに透析装置へ循環し、濃塩水とミネラル水に分けられます。

深層水は本来、光の届かない深海で低温に保たれ、その中に含まれる豊かな栄養成分も保持されています。この深層水に光が当たると光合成等の原因になり劣化が進む為、深層水分離設備室内は外光から遮断され、常に真暗な状態に保たれています。

貯蔵タンク

貯蔵タンク
向かって左から淡水槽(10トン)・ミネラル水槽(3トン)・濃塩水槽(3トン)です。ミネラル水槽、濃塩水槽は、耐腐食性と遮光性の高い、塩ビ製の黒色のタンクを使用しております。
お問い合わせはこちら
OEMについてのお問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

076-424-2661

電話受付 9:00~17:00(土日・祝日は除く)

FAXでのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ

076-422-4571

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら