五洲薬品では、独自の脱塩分離技術により海洋深層水原水を分離し、それぞれの目的に応じて使い分けることで様々な製品分野での利活用を行なっています。

イオン交換透析について

当社は、日本ではじめて多段式海水分離技術の実用化に成功しました。富山湾沖水深300m以深から汲み上げた海洋深層水を多段式イオン交換電気透析装置によって脱塩し、さらにミネラルを濃縮します。逆浸透膜では、濃縮水(塩分・ミネラル分)と淡水(脱塩水)の2つに分離するのに対して、多段式イオン交換電気透析装置では濃塩水、ミネラル濃縮水(塩素・ナトリウム・カリウム等の過剰成分が除去された有用ミネラル)、淡水(脱塩水)の3つに分離することが可能なため、この方法で処理することによって、過剰に含まれていた塩分を分離し、深層水の特徴でもある豊富なミネラルを失うことなく利用することができます。

分離される内容

イオン交換透析によって分離された海洋深層水は、ミネラルウォーター、健康食品、塩、スキンケア、ヘアケア、マウスケア他、化粧品類、医薬部外品類などに利用することができます。

海洋深層水は新しい天然の資源です。一方、近年の健康意識の高まりなどから、深層水を利用した商品やサービスに対する消費者の関心が高まっています。このため、消費者が深層水を用いた商品等を選択するうえで、それらの正しい情報の提供が求められています。
このため、平成12年12月、富山県深層水協議会では、消費者に優良な商品やサービスを提供し、商品等の差別化を図るなど消費者の利便性を高めるために、“富山の深層水”のブランドマーク(13年商標登録済み)を定め、富山の深層水を用いた優良な商品等にブランドマークを付与しています。
右のマークは、富山湾の海洋深層水を使った商品の公認ブランドマーク(13年商標登録済み)です。 マーク上部の曲線は、穏やかな富山湾をあらわし、マーク下部のダイナミックな曲線が、急に深くなる富山湾の豊かな海洋深層水海域を象徴しています。(マーク全体で、英語の「海」”SEA”の頭文字のSもイメージしています。)富山県深層水協議会より

富山の深層水を使った商品に用いられる、公認ブランドマークです。