海洋深層水は光合成に必要な太陽光が届かず、無菌状態で低温に保たれ、永い年月を経て各地の深海を循環しています。その間、様々なミネラルや成分が豊富に溶け込み、そのミネラルバランスは胎児を保護している羊水や、人間の血液・体液の成分と類似しているといわれています。人間の体に不可欠なミネラルをバランスよく含む海洋深層水。これに匹敵する水を人工的に作り上げることはできません。まさに天然成分が生きている水であり、その限りない可能性は健康飲料や食品、医薬品の分野でも注目されています。

富山の深層水を育んでいる富山湾は、広さが約2,120平方キロメートル、最深部が1,000m以上あり、駿河湾や相模湾と並んで我が国で最も深い湾の一つです。

富山湾は、大きく分けて三つの層で構成されており、海岸に近いところには河川などの影響を受けた塩分濃度の低い「沿岸表層水」、その下層から200~300メートル付近には「対馬暖流系水」、そして300メートル以深には低温の「日本海固有水」が無尽蔵に存在し、この日本海固有水が「深層水」と呼ばれ、富山湾の容積の約6割を占めています。

当社では、富山県滑川市にある富山県水産試験場の滑川沖合い2630m、水深321mより深層水を取水しています。
深層水は、多段式イオン交換電気透析法によって、淡水、濃塩水、ミネラル濃縮水に分けられ、ミネラルウォーターや入浴剤、健康食品などに幅広く利用されています。